Destiny(ディスティニー)ドラマ第3話のネタバレあらすじと感想!真樹の思いが切なすぎる!【考察】

アーティスト

第3話も好評でしたね!

第2話ではカオリの13回忌で再会した奏と真樹、そしてついに真樹の父浩一郎も本格的に登場し最後は真樹と浩一郎が奏の父英介のことと、カオリの事故のことで言い争う場面に奏が遭遇したシーンで終わりこの後の展開がかなり気になるところでしたね。

この記事では、

・Destiny(ディスティニー)ドラマ第3話のネタバレあらすじと感想!
・Destiny(ディスティニー)ドラマ第3話:真樹の思いが切なすぎる!

を書いていきますのでみんなで一緒に見ていきましょう!

Destiny(ディスティニー)ドラマ第3話のネタバレあらすじと感想!

まずはあらすじから見ていきましょう!

「横浜地検」中央支部の検事の西村奏(石原さとみ)は、12年ぶりに再会した大学時代の恋人・野木真樹(亀梨和也)が、横浜地裁で弁護士の父・野木浩一郎(仲村トオル)と言い争っているのを見かける。
そのとき耳にした「辻英介を殺したんだろう!」「だから俺がカオリを…!」という真樹の言葉が頭から離れなくなった奏は、「東京地検」特捜部の主任検事だった父・辻英介(佐々木蔵之介)が最後に担当していた『環境エネルギー汚職事件』について調べ始める。すると、検察が事件を捏造したとして、英介を逮捕に追い込んだのが、当時“正義の弁護士”ともてはやされていた浩一郎だったことがわかる。
 英介の死と及川カオリ(田中みな実)の事故に一体どんな関係があるのか――。支部長・大畑節子(高畑淳子)の助言を胸に、奏は大学時代に起きたカオリの事故についても調べ始める。
奏が過去の事件と向き合い始めたある日、浩一郎が横浜地検にやって来る。奏は冷静を装って、父の死の真相やカオリの事故との関連を問いただすのだが…!?

 そんな中、奏は恋人で外科医の奥田貴志(安藤政信)と長野の実家へ――。なんとなく“結婚の報告”ではないかと察した母・西村悠子(石田ひかり)は、浮かれて大はしゃぎ。しかし、そんな母の笑顔を横目に、複雑な想いの奏で…。

今回も注目する点が満載で目が離せませんでしたね!

とにかく真樹が切なすぎでした・・奏が結婚すると聞いた時の「そうなんだ・・・」「いいなぁ奏と結婚か」

①奏の父の事件の真相は?

動きがありましたね!

冒頭で真樹と真樹の父・浩一郎のやり取りを聞いた奏はその場から逃げるように去っていきましたが、その後、わざわざ浩一郎から奏に会いにきました。

そこではっきりと浩一郎は弁護士としての正義を貫いたと言っていました。そして英介はなぜ戦わず死ぬことを選んだのかと・・・

それを言われ、奏は何も言うことができませんでした。

その後、実家に帰った奏は父の遺品の中で英介のとなりで仲良く微笑む浩一郎の姿が映った写真が・・・2人は知り合いでそれも仲が良かったようでした。

それをなぜ浩一郎は奏の話したときに何も言わなかったのか。

そして別のシーンでは、浩一郎が襟元にバッジをつけているある人物と車の中で会い、最近辻英介の娘と会ったかと聞かれそれに対し、「よくご存じで」と呆れたように返事をしていました。

おそらく相手は議員で、浩一郎の動きを監視しているような感じでしたよね。

このことからこの事件は国を動かしているような大物の力が働いていた事件のような気がしますね・・・

②カオリの事故の真相

こちらも少し動きがあり、奏がカオリの事件の資料を長野から取り寄せ、ハンドルに真樹の指紋がついていたことがわかりましたね。

ただ、事件当時カオリが真樹と一緒に死のうとしていたことから事故を防ぐためにハンドルを真樹が握った可能性もあり真樹の指紋が付いていてもおかしくはなさそうです。

しかしそんなことを知らない奏は真樹の指紋がハンドルについてることはおかしいと疑問に思っており、また事件があった時、警察に浩一郎が来たことを目撃してることから真樹がカオリを殺して浩一郎が事故として処理するよう圧力をかけたのではと考えていました。

また、トモが言っていた全部私のせい!というその言葉の意味とは・・?!

③奏の母親登場!

ついに奏のお母さんが登場しました~

そしてまさかまさかの母親の前で再度プロポーズする貴志、それはないだろう!と思った人も多いのではないでしょうか・・・そりゃYESっていうしかないわ(笑)

ちょっと空気読めないタイプ?そしてそんな感じの演技をしてる安藤政信が上手だなぁ~ともってしまいました。

でもそんなちょっと抜けてるところが意外と奏は好きなのかも?よろしくお願いしますといった後の奏の笑顔からそんな風に思いました。

そして家で寝る前に貴志が一言、「冷蔵庫に入ってるから」と。何が??と思ったらまさかの結婚指輪のことでしたw

どうゆうことなのよ~~お茶目と言えばお茶目なんだけどさ、ちょっとわけわかんないですよね(笑)

Destiny(ディスティニー)ドラマ第3話:真樹の思いが切なすぎる!

第3話はなんといっても奏と真樹の恋の行方が気になるところでした!

奏がトモの家にいた時に、偶然にも祐希が真樹を家に連れてきて久しぶりに4人が揃いましたね。トモが真樹に今まで何してたの!?と問い詰める中「井戸を掘ってた」と答える真樹。

なんかめっちゃ深刻なシーンでえ?どゆこと!?でしたが・・・(笑)

奏に彼氏がいて今度結婚することを知った真樹が小声で「そうなんだ・・」といった表情がすごく切なくて、胸が締め付けられました。

その後家を出た真樹を奏が追っていき、結婚相手がどんな人かを聞く真樹。「いいなぁ奏と結婚できて」という本音が漏れてました。

そのあとは、事件の真相をお互いが知りたいという共通の目的で連絡を取り合う約束をし別れました。

お互い別々の道を進み、真樹は奏に「離しちゃだめだぞ」と以前奏に教えて一生離れない手のつなぎ方を見せ、それに対し「わかってる」と言った奏でしたが、行っちゃだめとわかっていながらも気持ちが抑えられず、最後はしてはいけないキスをしてドラマは終わりました。。。

貴志を裏切ってしまった奏・・正義感の強い奏は貴志とこの後どうなってしまうのでしょうか。

この3人の行方も今後気になるところです。

Destiny(ディスティニー)ドラマ第3話:まとめ

いかがでしたでしょうか。

ついに気持ちが抑えきれずしてはいけないキスをしてしまった奏と真樹。

真樹の切ない気持ちが伝わってきてキュンキュンの回だったのではないでしょうか。

次回からいろんなことが明かされていくとのことでしたので次回が楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました