菅原宏之(音採取)のwiki風経歴!結婚して子供もいる?【マツコの知らない世界】

未分類

またまたマニアの存在が世に出てしまいましたね。

マツコの知らない世界の音採取の世界で出演していた菅原宏之(すがわらひろゆき)さん。

番組でも紹介されていましたがなんと30年以上音を採取し続けてる環境音マニアとのこと。

一般的に環境音とは身の回りで発生する音のことで不快に感じにくいという特徴があり、そのため騒音対策などにも用いられているそうですよ。

そんな音採取マニアの菅原宏之さんについて、基本的な経歴や、結婚や子供について気になりましたので調べてみました。

なのでこの記事では、

・菅原宏之のwiki風経歴
・菅原宏之の結婚や子供について

について書いたので一緒に見ていきましょう!

菅原宏之(音採取)のwiki風経歴!

まだまだ謎に包まれた菅原宏之さんについて詳しいプロフィールや経歴を調べてみました。

プロフィール

本名 :菅原宏之

誕生日:1977年生まれ

趣味 :釣り、狩猟、旅、麻雀、彫刻

特技 :カメラ

1977年生まれとのことで今年で47歳になられます。

2020年からはカメラはじめ、いろいろな写真を撮って音との融合に挑戦されているようです。

ご本人のXでは、センスのいい写真がたくさんポストされています。

詳しい経歴は?

菅原さんは今から20年前の27歳の時に音楽制作会社を立ち上げそれから現在までに約3000曲もの曲を作成し、CMやゲームミュージック、空間音響などに使われているそうです。

もしかしたらみなさんがよく耳にする曲も制作されてるかもしれませんね!

曲を作成する傍ら音声分析なども行っていましたが、東日本大震災がきっかけでクリエイターからアーティストへとシフトチェンジをし、2012年ごろの35歳のころから「フィールドレコーディング」をはじめました。

ただ録音するだけにとどまらず、その音を用いてアート作品を作り上げ様々な番組で取り上げられたそうです。

そんな菅原宏之さんの作品の一部がこちらです。

波で機械が擦れる音でしょうか、それと同時に波の音も聞こえてきますね。機械音ではない自然の音でゆったりとしていてなんだか癒されますね。

普段機械音に囲まれている現代だからこそ、たまにこんな音を聞いて心をゆったりと休憩させたくなります。

フィールドレコーディングの傍ら、NHKのラジオ番組の「音の日記帳」というコーナーを担当し、東北の自然や文化の音を提供するなど積極的に活動してきました!

前述しましたが、音採取歴30年の菅原さん。

今が47歳なのでなんと17歳の時から採取を始めたというのとになりますね。

高校時代に何があったのか気になるところですが、菅原さんの若かりし頃の姿がこちらです!

DEVILMANと書いてありますが、なんと背中までロン毛だった事に驚きです!

セピア色を選択したのでしょうね…懐かしいwwww

菅原宏之(音採取)は結婚して子供もいる?

長年音を採取し続けてきた菅原さんですがら結婚や子供などはいるのでしょうか?

調べてみましたが結婚や子供について情報は見つかりませんでした!

情報が見つかり次第追記していきたいと思います。

環境音とは?

環境音マニアの菅原さんですが、そもそも環境音とはどうゆうものなのでしょうか。

冒頭で身の回りにある音のこととお伝えしましたが、具体的には、風や川の流れる音や周りで話している人の声、レストランでの食器が重なり合う音や車やバイクの走行音などがらありあげたらキリがないほど日常に溢れています。

少し意識して生活してみると面白いかもしれませんね。

菅原宏之(音採取)のまとめ

菅原宏之さんは今年で47歳の迎え、アウトドアもインドアも好きな人でしたね。

17歳の時から音の魅力にはまり採取し続けてきたようですが、それがしっかり仕事につながっていて素晴らしいですね。

もともとは、CMやゲームなどの曲を制作していたが、東日本大震災がきっかけでフィールドレコードをはじめクリエイターからアーティストへと変化していきましたね。

また、結婚や子供については情報がなくわかりませんでした。

マニアックな趣味が仕事へ繋がってる菅原さんなのできっと今してることは楽しくてしょうがないんではないでしょうか。

これからの活躍も楽しみにしてます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました